金属資源情報のページ

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の作成した資料を転載させて戴いています。

銅、亜鉛、ニッケル、貴金属(金、白金、パラジウム)情報 ー月刊ー

2022年

     
2022年1月
・脱炭素関連鉱種は需要増加期待感で高値維持、ニッケルは中国の堅調なLIB需要で約10年ぶりの高値
・金は前半、米実質金利の上昇で上値抑制も、後半ロシアとウクライナの関係悪化で貴金属全般が上昇

2022年2月
・ロシアのウクライナ侵攻開始で金属資源の供給懸念が増加、ニッケルは2011年ぶりの高値を更新
・ウクライナ情勢を受け上昇基調、24日ロシアの軍事侵攻開始を受け、金・白金族共に一時的に急騰
2022年3月
・ニッケル、価格暴騰でLMEが一時取引停止の大混乱、ウクライナ情勢悪化でいずれも当年最高値更新
・ウクライナ情勢を受け前半上昇、パラジウムは史上最高値を更新も、停戦への期待感等から後半下落
2022年4月
・亜鉛、露宇情勢や減産による供給不足から 史上最高値に迫る も、下旬は銅も 中国の都市封鎖 で下落
・金は露宇情勢停滞による経済悪化懸念で高値継続、プラチナ・パラジウムは需要減少懸念で安値継続

2022年5月
・銅・亜鉛、中国都市封鎖と世界経済減退懸念から上旬下落するも、低水準の在庫から依然高値で推移
・金、上海都市封鎖による景気悪化懸念で下落も、後半は欧州マイナス金利脱却見通しやドル安で回復
2022年6月
・世界経済後退による需要減退懸念と米ドル高、供給不安を上回り全面的に価格を圧迫、3 鉱種下落傾向
・金、対露追加制裁、各国の利上げと景気後退懸念により1,800US$/oz 台前半の方向感乏しい展開に
2022年7月
・ベースメタルは上旬は世界経済低迷から下落し記録的ドル高で当年最安値を更新、下旬は供給懸念が価格を押し上げ
・ 金、約20年ぶりのユーロ・円安、ドル高水準で前半は下落も、後半は欧州の景気後退懸念等から上昇

2022年8月
・ベースメタルは各国中銀利上げへの警戒と低迷する中国等の経済後退による需要懸念が、依然価格の抑制要因に
・金、米ドル・ユーロのパリティ割込みや米の利上げ継続で下落、白金族は露宇情勢懸念も安値圏継続

2021年

     
2021年5月
・銅、10,724.5US$/tと10年ぶり史上最高値を更新、南米のストライキや税率引き上げ議論も影響
・金は米景気回復基調もドル安進行で1,900US$/oz台突破、パラジウムは月初3,000US$/ozに迫る
2021年6月
・銅、中国の国備放出やFRBの金融緩和の引き締め観測で上昇基調が一転、10,000US$/t台を割る
・米ゼロ金利政策解除発表で急落、金は1,700US$/oz台に、PGMも自動車生産低迷で下落基調に
2021年7月
・コロナ・デルタ株の拡大や中国の自然災害・電力制限、鉱山ストライキ等が重なり各鉱種で上昇基調
・金は強弱材料交錯で
1,800US$/ oz 前後で横ばい推移、南アの暴動でプラチナが一時上昇も後半下落
2021年8月
・銅、チリでスト懸念も中国の需要減少で下落基調、トヨタの
9 月減産報道でベースメタル全般が急落
・金は米雇用改善等で下落もアフガン情勢で一時上昇、白金族
は半導体不足の 中トヨタ減産報道で急落
2021年9月
・中国の堅調な需要を背景に高値が続くも、中・恒大集団問題と電力不足による需要減少から後半下落
・金は恒大問題で一時上昇も下落基調、白金族は自動車減産で下落、パラジウム2,000US$/ozを割る
2021年10月
・電力・エネルギー価格の高騰や需給タイト感から高値が継続、銅は一時史上最高値に迫る勢いで上昇
・金はエネルギー価格高騰のスタグフレーション懸念で上昇傾向、プラチナ・パラジウムも若干買戻し
2021年11月
・銅はLME在庫減少継続が価格を下支え、ニッケルはフィリピンの輸出制限公表で当年最高値を更新
・金は米国の高インフレ懸念で上昇もFRB議長再任で急落、白金族も半導体確保の報道で月前半は上昇
2021年12月
・銅は中国景気減退も供給懸念要因多発で高値維持、亜鉛・ニッケルも製錬所操業停止で年末に急伸
・金はオミクロン株懸念後退もインフレヘッジで上昇、白金族は価格低迷も自動車需要期待で後半上昇